>  >  >  >  > 小石川後楽園 入園料

小石川後楽園 入園料

関東 ・東京都 ・池袋・飯田橋・巣鴨・練馬 ・東京ドーム周辺・飯田橋 ・東京ドーム・後楽園・小石川
チケットNo:E1027498
  • mixiチェック

江戸時代初期、寛永6年(1629年)に水戸徳川家の祖である頼房が、江戸の中屋敷(後に上屋敷となる。)の庭として造ったもので、二代藩主の光圀の代に 完成した庭園です。光圀は作庭に際し、明の儒学者である朱舜水の意見をとり入れ、中国の教え「(士はまさに)天下の憂いに先だって憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」から「後楽園」と名づけられました。 庭園は池を中心にした「回遊式築山泉水庭園」になっており、随所に中国の名所の名前をつけた景観を配し、中国趣味豊かなものになっています。また、当園の特徴として各地の景勝を模した湖・山・川・田園などの景観が巧みに表現されています。 ※チケットの利用有効期間は、購入当日のみとなります。 ※開園時間:午前9時〜午後5時(入園は午後4時30分まで)、閉園後のご入園はできませんのでご注意ください。 ※イベント開催期間及びゴールデンウィークなどで休園日開園や時間延長が行われる場合もあります。詳しくは施設HPをご確認ください。

一般 入園料(購入当日限り)300円

65歳以上 入園料(購入当日限り)150円

※このチケットはJTB電子チケット(スマートフォン専用サービス)です。
ご利用にはスマートフォンが必要となります。

※チケットの有効期間は、「チケット利用期間について」欄をご確認ください。

  • チケット情報
  • 施設情報
  • 購入について

    料金

    一般 入園料(購入当日限り)300円

    65歳以上 入園料(購入当日限り)150円

    料金に含まれるもの 入園料 ※購入当日1回限り有効
    取消について ※前売りチケットのため購入後の取消、払戻しはできません。
    販売期間 2023年5月5日 0:00から
    2033年1月31日 23:59まで

    チケット利用期間について

    チケット有効開始 購入日当日から利用できます。
    チケット有効終了 購入当日のみ有効です。
    定休日 年末・年始(12月29日〜翌年1月1日まで)
    営業時間、定休日等はお客様ご自身で事前にご確認ください。

    当日の利用方法について

    入場方法 チケットの引換えは不要です。指定の入場ゲートや受付まで、QRコードを開いてお越しください。
    入場ゲートでQRコードをご提示ください。
    再入場について 再入場はできません。
    利用開始後の有効日数 入場後 1 日有効
    利用場所または集合場所 東京都文京区後楽1-6-6
    地図サイトを見る

    ご案内・ご注意

    ご注意 【20名様以上の団体は現地にてご購入ください】一般240円、65歳以上120円。 詳細につきましては公式HPにてご確認をお願いします。 ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料 ※小学生以下のお子様は保護者のお付添が必要です。 ※身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳持参の方と付添の方は無料 ※無料公開日:みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日) ※QRコードを開いてから受付場所へお越しください。 ※65歳以上のチケットは受付時にご年齢を確認させていただきます。 ※チケット購入後のキャンセル払い戻しは出来ません。 ※文化財保護法(第2条)により芸術上又は観賞上価値の高い庭園として、特別名勝及び特別史跡に指定されており、 文化向上発展の基礎をなすものである為、その保存が適切に行われる様、 周到の注意をもって静かに観賞していただいている施設ですので、ペット連れの入園はお断りしております。

    お支払いについて

    お支払い方法 クレジットカードでのお支払い
    ※前売りチケットのため購入後の取消、払戻しはできません。

    このチケットの質問

    チケットに関する問い合わせ

  • 小石川後楽園

    【唐門】 後楽園への正式な入口門で、後楽園の観賞動線の起点となる門。私的空間である内庭と、後楽園を隔てる役割を果たしていた。戦火により焼失したが、2020年末に復元が完了した。 【得仁堂】 光圀の本意を現した堂。光圀18歳の時、司馬遷『史記』の「伯夷列伝」を読み、伯夷、叔斉の高義を慕い、泰伯の像とともに二人の像を安置した。堂名は、孔子が伯夷・叔斉を評して「求仁得仁 (仁を求めて仁を得たり)」(『論語』述而第七の十四)と語ったことに由来する。建立当時の姿を残す園内唯一の建物。 【大泉水】 本園の中心的景観。徳川家光自ら泉水の形を描いたと伝わる。蓬莱島を配し、琵琶湖を表現した景色を造り出した。また、本園を構成する4つの要素「海」「山」「川」「田園」のうち「海」を表す。

    住所 東京都 文京区後楽1-6-6
    地図サイトを見る
    営業時間 09:00〜17:00
    午前9時〜午後5時(入園は午後4時30分まで)
    定休日 年末・年始(12月29日〜翌年1月1日まで)
    営業時間、定休日等はお客様ご自身で事前にご確認ください。
    駐車場 なし
    交通アクセス(その他) ■東門 総武線「水道橋」5分 /「飯田橋」8分 丸ノ内・南北線「後楽園」6分 ■西門※涵徳亭ご利用の方は西門からご入園ください。大江戸線「飯田橋」3分 総武・東西・有楽町・南北線「飯田橋」/「水道橋」8分

ページの先頭へ